税理士試験合格か税務署勤務か、税理士になるためのルート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

税理士になるための方法はいくつかあります。一般的なのは、毎年国税庁が実施する税理士試験に合格した後、実務経験を積んでから日本税理士会連合会に登録する方法です。そこで、税理士になるための具体的な方法を詳しく見ていきましょう。

税理士試験を受ける方法

税理士試験は、所得税法、財務諸表論、簿記論など、税金に関する11の科目のうち、5科目で合格することが求められます。合格となる基準は約60%の得点率です。試験は決して易しいものではありませんが、一度に5科目全て合格しなくてもかまいません。実際、何年かかけて5科目合格を目指すという方法が一般的です。

税理士試験を受けるには、学歴、職歴、資格のいずれかの条件を満たす必要があります。一般的なのが、大学や大学院で税法や会計学を履修することです。大卒や大学院卒の学歴があると、試験科目の一部が免除になる制度もあります。

実務経験も必要

税理士として働くには、税理士試験に合格するだけでは不十分です。税務の実務経験が2年以上必要ですので、税理士試験に合格した後は多くの人が税理士事務所に勤務します。税理士事務所で実務経験を重ねて、税理士資格を取得してから独立開業する人も多いです。

税務署に勤務する方法

税理士試験を受けなくても税理士になる方法もあります。それは、税務署などの国税官公署で23年以上勤務し、指定の研修を受ける方法です。税理士試験を受けずとも税理士資格が取得できる方法ですが、長期間の職歴が必要なことからもわかるように、このルートで税理士になる人のほとんどは退職後に税理士として独立するパターンです。

最初から税理士を志望する学生には参考にならないルートですが、このルートで税理士になった人は税務署の仕組みについて深く知っているため、依頼者には重宝されます。

税理士以外の国家資格を取得する方法

税理士以外の国家資格を取得することで、同時に税理士資格も取得できるという方法もあります。それは弁護士と公認会計士です。どちらも法律や会計について深い知識が求められるため、これらの資格取得者は同時に税理士業務もできると判断されます。実際、専門家として早く自立できるため、司法試験に合格して弁護士となる方法選ぶ人が増えています。

日本税理士会連合会への登録が必要

どの方法で税理士資格を取得しても、実際に働くには日本税理士会連合会に登録しなければなりません。所定の書類を提出し、税金と手数料を納めてから、日本税理士会連合会の調査・審査で登録が適当と認定されて、ようやく税理士になれる仕組みです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加