税金の専門家、個人事業主や中小企業の税金サポートをする税理士の仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

税理士とは、おもに個人事業主や中小企業の税金に関するサポートを行う仕事です。日本国民には税金を納める義務がありますが、この納税を円滑に進められるように、税金の専門家として依頼者を助けるのが税理士の大切な役目です。

税務署類の作成

日本では、自分が納める税金は自分で計算するシステムとなっています。サラリーマンの場合は、会社が代わりに手続きしてくれるため、自分で税金を計算する必要はありません。しかし、自分で会社を経営している人や個人事業主の人たちは、一から自分で資料を揃えて、正しく税金を計算して申告しなければなりません。

しかし、税金の計算は複雑で、作成する資料も多く、税金の専門家ではない一般の人にとっては負担の大きな作業です。この税務書類を本人の代わりに作成できるのが税理士であり、これは税理士のメイン業務の一つとなっています。

税務代理

依頼者の代わりに税金の申告を行うのも税理士の仕事の一つです。また、税務署の税務調査の際に依頼者とともに立ち会って、依頼者の不安を和らげます。これらの業務を「税務代理」といって、これも税理士の重要な業務の一つです。

税務相談

日本では自分の税金は自分で計算するシステムですが、計算の仕方によっては納めるべき税金の金額が変わってしまいます。税務署でも税金の計算の仕方の基本的なことは教えてくれますが、どうすれば節税できるかということまでは教えてくれません。

その点、税金のスペシャリストである税務士は、納める税金を最小限にできる方法をアドバイスし、依頼者に最もメリットのある納税方法を提案してくれます。これを一般に「税務相談」と言いますが、これも税理士の大切な仕事のひとつです。

税理士の独占業務

上記の税務書類の作成、税務代理、税務相談は、税理士の独占業務です。税金の知識があっても、税理士でない人はこれらの業務を行なってはなりません。知人に頼まれて、無償で代わりに税金の計算をしてあげることもNGです。つまり、それだけ税金に関しては高い専門性が求められており、それに適した資格を持つ人でないと行えない責任の重い仕事なのです。

責任重大な仕事

税務書類の作成、税務代理、税務相談が税理士の重要な業務ですが、もしこれらの業務でミスがあり、その結果、依頼者の税金の申告漏れや脱税などになってしまうと、税理士の信頼はもちろん、依頼者の社会的地位をも傷つけることになってしまいます。税理士とは、正しい知識を持っていることはもちろん、的確で正確な業務遂行能力と高い責任感が求められる仕事なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加