税理士と公認会計士の仕事の違いと両者の関係性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

税理士と関連性の高い職業に公認会計士があります。どちらも難関の国家資格で、学生にも人気の職業ですが、具体的にどういうところが違うのかよくわかっていない方も少なくないのではないでしょうか。そこで、税理士と公認会計士の違いをお伝えします。

税理士のおもな仕事

税理士のおもな仕事は、税務署に申告するための書類を作成したり、クライアントに代わって実際に申請を行ったりする税務になります。税金の納付は個人でも企業でも規模に関わらず全員が行わなければならないことですが、顧客の多くは中小企業や個人事業種が中心です。

公認会計士のおもな仕事

一方の公認会計士のメインの仕事は、企業の決算書が正しく書かれているかをチェックする監査になります。これは公認会計士だけができる独占業務であり、税理士に監査はできません。また、監査を必要とするのは株式を上場するような規模の大きな企業ですので、その顧客も必然的に大企業が多くなります。

このように、税理士も公認会計士も同じ会計に携わる仕事ながら、中小企業や個人事業主の納税に携わることが多い税理士に対して、公認会計士は大企業の監査がメインであるという違いがあります。

登録すれば税理士も名乗れる公認会計士

メインの業務の性格が異なる税理士と公認会計士ですが、公認会計士はその資格を取得すると同時に、税理士資格も自動的に与えられるという大きな特徴があります。というのも、公認会計士試験では租税法や簿記が必須科目であり、この試験に合格できる人は税理士としての業務を行うのに必要な知識も習得しているとみなされるからです。そのため、公認会計士資格を持つ人が日本税理士会連合会に登録すると、税理士としても活動できるようになります。

税理士と公認会計士の関係性

税理士と公認会計士の関係を整理すると、税金を計算するのが税理士で、それに基づいて作成された決算書や財務諸表をチェックするのが公認会計士ということになります。どちらも、不正をなくし、会社の経営状況を正しく公表するための非常に重要な職業です。両者が責任をもって各々の役割を果たすことが求められます。

どちらが上というものではない

なお、公認会計士が登録するだけで税理士としても業務を行えるというと、税理士よりも上の立場であるかのように考える方もいるでしょう。しかし、これは誤りです。税務と監査は必要とされる専門知識が異なりますし、実際の業務においては実務経験を重ねなければ身につけられないスキルがあります。ですので、どちらを目指すべきか決めかねるという方は、税務と監査のどちらのプロフェッショナルになりたいのかをじっくり考えることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加