コンサルティング能力も求められ競争激化する税理士の現状と将来性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合格率10%前後の難関国家資格の税理士ですが、税理士資格を取得したからといって将来の安泰が約束されているわけではありません。税理士の現状は以前より競争が激しく、今後も競争が激化していくと予想されるからです。

税理士人口の増加

税率の競争が激しくなる理由の一つが、税理士の増加です。税理士になるには、税理士試験を突破することが一般的な方法ですが、それ以外にも資格取得の方法は用意されています。たとえば、公認会計士や弁護士といった国家資格を取得すると、同時に税理士資格も取得できるのです。

実際、最近では、大学在学中に税理士試験の突破を目指す学生が減っており、代わりにより早く自立できるからと司法試験を目指す学生が増えています。また、公認会計士が以前より就職が難しくなってきたため、公認会計士を目指したものの希望する職場に就けず、代わりに税理士として働くという人も増えてきました。

また、税理士には定年がないため、税務署を退職してから税理士として独立するベテランも増えています。一方で、若い税理士も続々誕生していますので、税理士資格を持つ人は増える一方です。

顧客の減少

以前に比べて、中小企業や個人事業主の廃業が増えています。経済のグローバル化や不況のあおりを受けてのことですが、彼らは税理士にとって重要な顧客ですので、その数が減るということは税理士の顧客が減るということであり、税理士にとって深刻な問題となっています。

このように、税理士人口が増える一方でその顧客となる層が減っているのが現状ですから、今後は税理士資格を取得したからといって安心はできません。資格取得後が本当の勝負と覚悟して、この道を目指す心構えが必要です。

求められるコンサルティング能力

税理士の仕事にもIT化の波が押し寄せています。現在では税務申告や会計処理をオンラインで行えるようになってきたため、これまで税理士が頼りにされていた仕事の一部が、ITに取って代わられつつあるのです。そのため、これからの税理士には今まで以上にコンサルティング能力が求められるようになるでしょう。

どんなに競争が激しくても、コンサルティング能力の高い税理士には高い需要があります。その他大勢の税理士と差別化を図れる大きなポイントです。これから税理士を目指す方は、税理士としての基本的な知識や業務遂行能力はもちろん、コンサルティング能力で頼りにされる人間力を磨くことが求められていくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加