税理士事務所に勤務する税理士の1日の過ごし方の例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

税理士の1日の流れは、税理士事務所に勤めているのか、個人でやっているのかによって変わります。個人でならクライアントのスケジュールに合わせて、自分に都合の良いスケジュールを組むことが可能です。一方、税理士事務所に勤めている場合は、基本的に朝の8時半から夕方の18時が勤務時間となります。

税理士事務所勤務のケース

一例として、税理士事務所に勤める場合の1日の流れを見ていきましょう。

出勤は8時半です。デスクに着いたら、まずパソコンを起動してメールをチェックします。9時からミーティングです。共有事項をスタッフ同士で伝え合います。その後、クライアントの税務書類をさまざまな資料を参照しながら作成します。

12時から昼食休憩です。ただし、休憩中も相談や問い合わせの電話が入ることがあるため、携帯は手放せません。

午後はクライアントの訪問があることが多いです。何件かクライアントを訪問した後、16時ごろ帰社します。帰社後は、その日の情報を整理したり、翌日に必要な書類をチェックしたりといった業務を行いながら過ごします。繁忙期以外は定時の18時に帰宅です。

スタッフ間のコミュニケーションが不可欠

上記は税務士事務所に勤める場合の一例ですが、同時にさまざまな雑務も並行して行います。事務所にはパートやアルバイトなどのスタッフもいるため、書類の作成など事務的な部分は依頼できますが、進捗状況を共有することにも労力を割かなければなりませんのでコミュニケーションが非常に大切です。

クライアントとは直接合うことが大切

また、クライアントとの打ち合わせは、個人宅から企業のオフィス、商店街までさまざまです。メールで打ち合わせをすることもありますが、直接クライアントと会うことを重視する税理士が多いです。直接クライアントと会って、節税対策や確定申告、遺産相続などの相談に乗ることも税理士の大切な役目です。

時期によっては残業もある

このように、さまざまな作業を効率良く進めながら1日を過ごすのが一般的な税理士のスケジュールです。基本的には18時が退社時間ですが、決算や確定申告の時期が近くなると、それだけ依頼やそれに伴う作業も増えるため、定時に帰ることはなかなか難しくなります。その点は一般的なサラリーマンと同じです。

税理士ごとに働き方はさまざま

今回は税理士事務所に勤務する税理士の例を紹介しましたが、税理士一人一人、条件が違えば仕事の中身や働き方も変わってきます。学生時代のうちに、できれば税理士事務所でアルバイトするなどして自分の目で確かめるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加